いなほんぽ店長のお米日和20160309

新潟市は何藩だったでしょうか?

先日とある方に
「新潟市は江戸時代何藩が治めていたのですか?」
との聞かれ、
河合継之助で有名な“長岡藩”か、
新発田城の“新発田藩”か、
答えに困ったことがありました。

新潟に住んでいる人でも意外と分からないのでは、
ないでしょうか?
全国的に有名なのは、石川の加賀藩や鹿児島の薩摩藩、
尾張、紀州、水戸の徳川御三家などなど。
新潟は上杉謙信以後、地味なところなので、
なおさら分かりづらいです。

気になって調べてみると、
長岡藩と新発田藩のどちらでも正解でした。
新潟市の西部は長岡藩領、
沼垂を中心とする東部は新発田藩領、
さらに市の一部は村上藩領だったそうです。

ただ、1843年に新潟町は幕府直轄の天領になって、
1858年の日米修好通商条約で、
日本海側唯一の開港5港の一つになります。
その後、1887年から1892年までの新潟県の人口が
日本一になるほど農業などが栄えた土地でした。
(現在の人口は全国15位)

日本史の授業みたいになってしまいましたね。

皆さんは、今住んでいるところが
何藩だったか分かりますか?
調べてみるとちょっと面白いかもしれません?!

今日のお米日和は趣味の世界でした。


ではまたm(_ _)m


お米の通販店いなほんぽ(2016年3月9日)
担当:たなか

>> ブログ記事一覧へ

4000円以上で送料無料

送料無料商品はこちら

送料無料の詳細はこちら

にいがたから「おいしい」を届けたい