いなほんぽスタッフのお米つれづれ日記20150410

【つれづれ日記】学校の給食

先日、子供の中学校の入学式がありました。
早いものであっという間に中学生、勉強に部活に
精一杯頑張って欲しいものです。

ところで、子供が通う中学校の昼食は、
お弁当持参、もしくは幾つかのメニューから選択できる
スクールランチのようです。
小学校は、完全給食でしたので、自分で食べるものを
考えなくてはいけない分、大人に近づいたということ
でしょうか?!

子供の通っていた新潟市の小学校給食ですが、
さすが米どころ新潟です。
1ヶ月の献立の90%以上がご飯食。
パンや麺類の献立は数えるほどしかありません。
新潟のお隣三条市は「完全米飯給食」
だったりします。

私が小学生だった頃は、ご飯、コッペパン、ソフト麺など
色々あったのですが、地産地消や食事バランスなどから、
今の形になったのだと思います。
賛否両論あるかとは思いますが、
個人的にはとても良いことだなぁ、と思っています。

和食は健康に良いこと、正しい食習慣が身につくこと、
地元のお米を食べることで、身近な人に感謝の気持ちを
持つこと、、、
良いことがいっぱいあると思います。

ちなみに、三条市の給食で使われるお米は、
有機栽培米や特別栽培米とのこと。
また、白いご飯だけで飽きが来ないよう
混ぜご飯、ピラフ、麦ごはん、おこわなど
工夫された内容になっています。

うらやましい限りです。
大人向けの給食を出してくれるお店があったら、
毎日通っちゃいます。

ではまたm(_ _)m

お米の通販店いなほんぽ(2015年4月10日)
担当:たなか

>> ブログ記事一覧へ

にいがたから「おいしい」を届けたい