いなほんぽスタッフのお米つれづれ日記20150109

【つれづれ日記】箱根駅伝

年末年始、皆さんはどのように過ごされましたか?
初詣や、デパートの初売りなどにお出かけに
なられた方も多かったのではないでしょうか?

わたしは、テレビの前でのんびり過ごしました。
いわゆる寝正月です。
テレビ番組の中では、何といっても
“箱根駅伝”にドキドキしましたね。

あまり、マラソン中継などは見ないのですが、
箱根駅伝だけは別で、往路から復路まで
テレビの前に釘づけ状態で観戦しました。

何が面白いかと聞かれたら、やっぱりあの
“一生懸命な姿”と答えます。
一本のタスキを懸命に選手一丸となって
つなぐ姿に感動してしまいます。
歳のせいか、途中棄権や繰り上げスタートの
場面では、涙腺がゆるんで“うるうる”したりも。
優勝したチームはもちろん、シード権が取れなかった
チームにも拍手です!

ところで、気になるのは選手たちが日頃何を
食べているのか、というところ。
寮生活の選手たちには、管理栄養士の方が
栄養バランスや各選手の体調を考えた食事を提供
しているのだそうです。
ある大学の管理栄養士の方の、
「食事は、継続して心掛けていれば、必ず2、3カ月後
 に効果が出てくるもの。地道ではありますが、
 2、3カ月前に食べていたもので今の体が構成されて
 いるので、必ずやる価値はあります。」
というコメントを読み、食事の大切さを再認識です。

もちろん、余分な脂分を抑え、食事のバランスが保てる
お米は、年間通してメニューに加わっているそうです。
少しづつエネルギーになる粒のお米は長距離、長期戦に
向いているのだと思います。

わたしも選手たちを見習って、お米を食べつつ
【継続は力】をモットーに食事以外も今年一年
頑張っていこうと思います。

ではまたm(_ _)m

お米の通販店いなほんぽ(2015年1月9日)
担当:たなか

>> ブログ記事一覧へ

にいがたから「おいしい」を届けたい