いなほんぽスタッフのお米日和20170315

日本酒フェスに参戦!

皆様こんにちは。
私たちの住む新潟にもほんのりと春の兆しが見え始め、
最近は片道20分の道のりを自転車通勤する事に目覚めた
スタッフの「たなべ(し)」です。(花粉症とも格闘中です…)

さて、先々週のたなか店長に引き続き、私も「日本酒」の話題です。笑

新潟県が全国に誇る名産といえば「コシヒカリ」ですが、
コシヒカリと同じくらい全国的に愛されているもの、それは「日本酒」。
かく言う私も、歳を重ねるにつれ日本酒の魅力、奥深さにハマりつつあり…
先週末開催された、年に一度の日本酒の祭典
「にいがた酒の陣2017」に意気揚々と参戦して参りました。

新潟県内の約90もの酒蔵さんが一堂に会し、
500種類以上の日本酒を試飲できるこの一大イベント。
この日のために県外から泊まりがけで来る人も多数いるんだとか。
入場してまず目に入ったのは、溢れんばかりの人、人、人!
まさにフェスティバル!としか言いようのないその雰囲気に自然とテンションも上がり、それからはもう、食べまくり飲みまくりのパーティーに突入です。笑

会場の外にズラーっと立ち並んだ「食」の屋台たちも圧巻で、
ほんの一例をあげると…

・佐渡の焼き牡蠣 ・村上牛のステーキ丼 ・日本海の鮮魚でつくるお寿司
・老舗味噌蔵の味噌もつ煮 ・栃尾の油揚げ ・新潟ラーメン ・へぎそば
・村上の鮭おにぎり ・タレかつ丼

…などなど、ここに来るだけで新潟名物が一通り堪能できるんじゃないか、
というほどの充実ぶり。
お酒も好きだけど、それ以上に食べることが大好きな私にとっては
まるで夢のテーマパークです。笑

そして肝心の日本酒の方はというと、さすがに全部の酒蔵ブースを回ることはできませんでしたが、今の季節しか味わえない搾りたて生原酒や、
3年以上寝かせた熟成古酒、ワイン酵母で仕込んだ純米酒など、
普通のお店ではなかなか扱わない珍しい日本酒の存在を知ったり、
それぞれの酒蔵での醸造法や香りの違い、甘さ辛さの違いを感じたりと、
日本酒への興味はますます深まるばかり!
(まあ、最後の方はヘロヘロで味もよく分かってませんでしたが…)

でも、なんだかんだでこの日一番感動的に美味しかったのは、
さんざん日本酒を味わいつくした〆に食べた、
甘海老味噌ラーメンだったりします…笑

そんなこんなで、普段は身近すぎて忘れがちだけど、
「新潟ってすごい」と再認識した一日でありました。

ではでは、来週の「お米日和」もお楽しみに☆





お米の通販店いなほんぽ(2017年03月15日)
担当:たなべ(し)

>> ブログ記事一覧へ

4000円以上で送料無料

送料無料商品はこちら

送料無料の詳細はこちら

にいがたから「おいしい」を届けたい